転勤が決まったのでマンション売却をしました

相場を調べ査定を依頼し売り出し価格を決める

転勤のためマンションを売却することに相場を調べ査定を依頼し売り出し価格を決める不動産会社と契約を結び無事にマンション売却

取引事例比較法は、自宅などの居住用不動産に採用されることが多いからです。
この取引事例比較法は、過去の成約事例を抽出して個別の優劣要因を加味した上で査定金額をはじき出す方法です。
次に売却にかかる費用を確認しました。
不動産を売却する際には、仲介手数料や住宅ローン返済にかかるお金、その他税金などさまざまなお金がかかります。
したがって売却金額が手元に残るお金ではないので、売却を依頼する不動産会社に説明して、事前にきちんと各費用を把握しておくことが大切だなと考えました。
諸費用を把握しておかないと想定外の費用が発生して慌ててしまうこともあるからです。
必ず費用は確認しておかねばならないなと感じました。
これの準備が整ってから、不動産会社に仲介を依頼しました。
不動産会社に仲介を依頼した後に行ったことは、売り出し価格を決めることです。
査定金額と希望金額は異なる場合があります。
査定金額と希望金額があまり変わらない場合や希望金額より査定金額の方が高い場合はそのまま査定金額を売り出し価格にすればよいのですが、査定金額より希望金額が高い場合は売り出し価格を考えなければなりません。
そのような場合ですぐにマンションを売却したいのであれば、査定金額を売り出し価格にします。